彼を疑う?信じられない時

彼を疑う?信じられない時

By | 2020-08-09T18:01:19+00:00 2020-08-08|

婚活中は婚活のことで悩み
結婚をしたら
私たちはパートナーのことで悩みます。

 

悩みは悪いことではなく
相手と深く関わるからこそ
自分とも深く向き合うことになり
悩むことが増えるだけです。

 

成長している証しでも
ありますよね。

 

 

前の旦那さんは
離婚する少し前に
何度か私に嘘をつきました。

 

その嘘がバレた時に
私の中には怒りしかなくて
彼のお姉さんに相談したのです。

 

そうしたら、
実はその嘘は
私と出会う前から続いていたことを知って
愕然としたんですよね。

 

今まで信じてきたことは
なんだったんだろう?

 

騙されてた。

 

知ってたら結婚しなかったのに・・と。

 

その出来事が
離婚のきっかけの1つにもなりました。

 

嘘をつかれていたり
隠し事をされたり
相手を信じられなくなるようなことって

パートナーシップを育んでいたら
絶対にあると思うんですよね。

 

でもね、

 

私は自分が経験したからこそ
強く思う。

 

本当に見るべき所は
「事実」ではない。
目に見える「事象」じゃない。

 

自分にとって「嘘とは?」
自分にとって「信頼するとは?」

 

そこもちゃんと見なきゃいけない。

 

嘘の定義が
自分の思っていたことと
現実が違うことなんだとしたら

 

相手がどんな思いであろうと
愛するがゆえの嘘であっても
自分にとっては「嘘」。

 

嘘をついたこと
騙したこと
これから先信じられないこと
許せないこと、、、に
意識やエネルギーが入ってしまう。

 

でも、本当に大切にしたいことは
そこじゃないよね。

 

嘘だったことが悲しいことは
好きな思い、大切な思いがあるからだから
感じて当たり前のことです。

 

でもそれと
2人の関係性はセットではない。

 

嘘が悲しいことと
関係性はセットじゃないです。

 

自分が今まで見てきたものは?
感じてきたものは?
信じてきたものは?
好きだった思いは?
愛おしい気持ちは?

 

それが
本当に見るべきもの。

 

感じたことは
嘘じゃないのだから。

 

私は事象だけで判断し
相手を一方的に攻めてしまいましたが

 

それまでに感じたことも
信じていた思いも
2人で築いてきた関係性までも
消す必要はなかったし

 

それこそ
自分に対する嘘だし

 

結局

 

その嘘も
彼の「愛」があるからこその
行動であり

 

嘘をつかなきゃいけない状況も
自分が創っていたのだとも
あとで繋がりました。

 

全てではないけれど
男性の嘘は

愛があり、大切にしたいものを
壊したくないからこそ
ついてしまうことが多いです。

 

真実を知ること
真実を話すことだけが
本当の誠意ではない。

 

男性なりの責任であり
決意であったりもする。

 

そしてそれも全て
「こうだから」という
外側のものが決めるのではなくて

 

正解がないからこそ
それを決めるのも、
感じるのも
自分なんですよね。

 

自分が大切にしたいこと
本当に注ぎたいことに
エネルギーを注ごう。

 

全ての答えは自分の中に。

 

自分を信頼すれば
相手のことも信頼できる。

 

それがパートナーシップです。